cast

監督:中野量太(Ryota Nakano)

1973年7月27日生まれ、京都府育ち。大学卒業後、日本映画学校に入学。卒業制作の『バンザイ人生まっ赤っ赤。』(00)が日本映画学校今村昌平賞、TAMA NEW WAVEグランプリなどを受賞。卒業後、助監督やテレビディレクターを経て6年ぶりに撮った短編映画『ロケットパンチを君に!』(06)が、ひろしま映像展グランプリ、長岡インディーズムービー コンペティション グランプリ、福井映画祭グランプリ、水戸短編映像祭準グランプリなど7つの賞に輝く。08年には文化庁若手映画作家育成プロジェクトに選出され、35mmフィルムで制作した短編映画『琥珀色のキラキラ』が高い評価を得る。その後、『チチを撮りに』(12)が、第9回SKIPシティ国際Dシネマ映画祭にて日本人初の監督賞を受賞、第63回ベルリン国際映画祭正式招待を皮切りに、各国の映画祭に招待され、第3回サハリン国際映画祭グランプリなど国内外で14の賞に輝く。本作が商業映画デビュー作となる、いま日本で最も注目の若手監督の一人。

撮影:池内義浩(Yoshihiro Ikeuchi)

【主な作品】『レイクサイド マーダーケース』(05/青山真治監督)、『リンダ リンダ リンダ』(05/山下敦弘監督)、『さよならみどりちゃん』(05/古厩智之監督)、『神童』(07/萩生田宏治監督)、『苦役列車』(12/山下敦弘監督)、『はじまりのみち』(13/原恵一監督)、『もらとりあむタマ子』(13/山下敦弘監督)、『トイレのピエタ』(15/松永大司監督)、『ぼくのおじさん』(16年秋公開予定/山下敦弘監督)

照明:谷本幸治(Koji Tanimoto)

【主な作品】『チチを撮りに』(12/中野量太監督)、『グレイトフルデッド』(13/内田英治監督)、『アラグレⅡ ROPPONGI v.s. SHIBUYA』(14/権野元監督)、『家族ごっこ』(15/内田英治監督、木下半太監督)

美術:黒川通利(Michitoshi Kurokawa)

【主な作品】『リアル鬼ごっこ2』(10/園子温監督)、『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』(10/瀬田なつき監督)、『ぼっちゃん』(12/大森立嗣監督)、『さよなら渓谷』(13/大森立嗣監督)、『天の茶助』(14/SABU監督)、『東京無国籍少女』(15/押井守監督)

録音:久連石由文(Yoshifumi Kureishi)

【主な作品】『色即ぜねれいしょん』(09/田口トモロヲ監督)、『月光ノ仮面』(12/板尾創路監督)、『アウトレイジ ビヨンド』(12/北野武監督)、『ルパン三世』(14/北村龍平監督)、『龍三と七人の子分たち』(15/北野武監督)、『ピースオブケイク』(15/田口トモロヲ監督)

音楽:渡邊崇(Takashi Watanabe)

【主な作品】『663114』(11/平林勇監督)、『チチを撮りに』(13/中野量太監督)、『舟を編む』(13/石井裕也監督)、『星ヶ丘ワンダーランド』(16/柳沢翔監督)、『しまじろうとえほんのくに』(16/平林勇監督)、『にがくてあまい』(16年9月公開/草野翔吾監督)、『オケ老人!』(16年秋公開/細川徹監督)

主題歌:きのこ帝国「愛のゆくえ」

佐藤千亜妃(Vo/Gt)、あーちゃん(Gt)、谷口滋昭(Ba)、西村“コン"(Dr)の4人組バンド。2012年にDAIZAWA RECORDS/UK.PROJECT inc.よりアルバム「渦になる」でデビュー。ラジオ局のパワープレイを獲得するなど、リリースを重ねるごとに話題を集め、大型フェスなどの出演で反響を呼ぶ。2015年4月EMI Recordsよりシングル「桜が咲く前に」、同年11月にアルバム「猫とアレルギー」をリリースし、全国7か所を周るツーマンツアーを成功させる。2016年3月より中野サンプラザ公演など全国9か所を周るワンマンツアーでも各地を熱狂させた。