STORY

余命2ケ月。私には、死ぬまでにするべきことがある。

銭湯「 さち の湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと しゅっぽん し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。
そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。

○家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる ○気が優しすぎる娘を独り立ちさせる ○娘をある人に会わせる

その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を おく ることを決意する。